Menu

デュアルモニター  別々の画面を表示する方法

デュアルモニターを効率よく活用しましょう。デュアルモニターには、同じ画面を表示する方法があります。

デスクトップ画面で右クリックをすれば、メニュー画面から、「ディスプレイ設定」を選択します。

そうすれば、ディスプレイ設定をする画面にすることが出来ます。

モニター レンタル

別々の画面を表示する方法

デュアルモニターは、もうひとつの使い方をすることが出来、それは別々の画面を表示する方法です。

ここでも先ほどと同じ、デスクトップで右クリックをし、「ディスプレイ設定」をクリックをします。

複数のディスプレイ」で「表示画面を拡張する」を選択してみましょう。

そのような方法で、別々の画面表示を可能にすることが出来ます。

でも、まだ使用に慣れていない方々は、どうやって二画面を行き来するかなど疑問をお持ちでしょう。

使い方

表示画面を拡張した場合、パソコンの画面は、接続して画面を自由に往き来することが出来ます。

接続したモニタがパソコンの画面のどこにあるかを設定してみましょう。

表示上で紫色のディスプレイがパソコンの画面で、右のディスプレイが接続したモニターです。つまりパソコンの右側部分が外付けモニター・monitorということになります。

ですから、このような場合、パソコンから、ファイルを移動させようと思えば、右にドラッグさせて行けばいいのです。

ドラッグして移動させることも可能ですし、ショートカットキーを使用することも可能です。

接続したモニター・monitorを上に置くということも実現することが出来ます。

ファイルの移動にドラッグすればパソコンの画面の上からモニタに移動させることが出来ます。

この不思議体験は、実際にノートパソコンを利用している人たちに絶対に一度体験していただきたいのです。

まさに、いままでノートパソコンのカテゴリーに収まり、欲求不満になっていた自分に気付くことでしょう。

そして、ノートパソコンを使用してああしようと、こうしようというモチベーションももっと増えて、本当にあなたの仕事の効率も、二倍にも三倍にも膨らますことが出来ます。

そのような方々には、実際にモニター・monitorは、アイ・オー・データ(I-O DATA)の21.5型モニタあたりがおすすめです。

でも、いちいちデュアルモニターを外出に連れて行くことが出来ませんし、外にいるときノートパソコンという存在がより不自由と感じてしまうこともあるかもしれないですよね。

外にいるとなんだかモヤモヤしてしまうのもデュアルモニターなのかもしれません。

新着記事