Menu

おすすめプロジェクター・projector 決め方のポイント

そろそろプロジェクター・projectorを購入しようと思っている頃ではないでしょうか。果たして、プロジェクターはどのような基準でどの機種を決定すればいいのでしょうか。

プロジェクターレンタル

プロジェクターの決め手

どのようなプロジェクター・projectorを選択すればいいか、決め手はその人それぞれの問題です。ただし、それぞれのシーンにおいて使い勝手の良しあしがあります。

据え置き型プロジェクターなら、4K映像を楽しむことが出来、ゲームやシネマなど様々な楽しみ方が出来ます。映像のクオリティ重視の方は据え置き型プロジェクターがいいでしょう。

選択肢は、それだけでなくポータブル型プロジェクターがあります。 ポータブル型プロジェクターであれば、必要な時、野外にも気楽な感じで持ち出すことが出来るでしょう。

実際には、結構コンパクトサイズなものが出回っているので、いろいろなシーンで活用出来るでしょう。

ビジネスシーンにもポータブル型プロジェクターが大いに役立ちそうです。

プロジェクターの明るさ(ルーメン)

更に、プロジェクター・projectorの決め手は、プロジェクターの明るさ(ルーメン)です。

モバイルプロジェクターには、1000ルーメン以下のものが多く採用されています。取り敢えずプロジェクター・projectorが欲しい、取り敢えず大画面のプロジェクターがいい……という方々は、1000ルーメン以下程度のものでも充分活用することが出来るでしょう。
気軽に、もっと有効的にプロジェクターを活用していただきたいですね。

現在、家庭用プロジェクターでは、1000?2000ルーメンのものがメインとなっています。高性能なプロジェクターを購入しても、ルーメンの数値がそれ程高くないものもあります。そのようなプロジェクターは、そもそも暗い場所で使用することが前提となっているのでしょう。

実際に、価格が高いからルーメンの数値が高いかといえばそういうことにもなりません。

ビジネスシーンで使用されるプロジェクターは、2000ルーメン以上のものもが多く出回っています。実際に、多くが明るい場所で使用されることが多いので、2000ルーメン以上程度のものがいいでしょう。

そして、プロジェクター・projectorは、 製品の明るさとスクーンサイズの推奨サイズは比例しています。明るさが3000ルーメンあたりのものであれば、スクリーンサイズは60~80型あたりとなります。

更に、3000ルーメン後半のプロジェクター・projectorなら、80~100型あたり、 4000ルーメンを越えるとスクリーンサイズは100型以上と言ったところが目安です。

新着記事