Menu

いますぐに購入出来るプロジェクター 価格の問題

価格の安いプロジェクター・PROJECTORなら今すぐ購入出来るかもしれないですよね。果たして、その程度の価格のプロジェクター・PROJECTORを購入してしまって大丈夫なのでしょうか。

正直、結構そのような悩みを持っている人たちも多いことでしょう。

リーズナブル価格のプロジェクター・PROJECTORで本当に大丈夫?

実際にプロジェクター・PROJECTORの予算が決まっているのなら価格の安いプロジェクター・PROJECTORの中から、みなさんの使用目的を考え、検討していく必要があります。

ここで私達が考えていかなければならない大事なポイントは、家庭用とビジネス用のプロジェクターどちらを選択すればいいか決めることです。

プロジェクターレンタルはAZA

家庭用とビジネス用のプロジェクターか

家庭用とビジネス用のプロジェクターには大きな違いがあります。それは、みなさんが家庭用プロジェクター・PROJECTORを購入すれば、ほとんどは映画鑑賞目的のためのプロジェクターということになるでしょう。

部屋を暗くして視聴しても何ら問題が起こらないのか、ゲームモードを搭載しているか……と言った問題を重視し、どうしても妥協出来ないポイントも目的を明確にすれば見えてくるのではないでしょうか。

しかし、あなたがビジネスシーンで使用するという場合には、部屋が明るい状態で資料説明をする機会が俄然多く増えることでしょう。ですから、2,000lm以上なければ何が投影されているのか判別も出来ない……という問題が起きて来ます。

家庭用で部屋を暗くして使う場合には、1,000lm以上程度のものを購入すれば、そこそこ実用的なので、プロジェクターに対しての予算配分も随分変わって来ます。

このような感じで、重視しなければならないポイントについて考えると、プロジェクター・PROJECTORの選択の仕方も比較して簡単に出来るのではないでしょうか。

会議シーンで、昼間にプロジェクターから投影された映像が必要というのなら、2,000lm以上が最低レベルで必要です。予算があるのならプロジェクター・PROJECTORは、2,500lm以上の機種のものがいいでしょう。

安いプロジェクター・PROJECTORの選択肢では、白色光&赤・青・黄色という光の3原色の光の量が違うものが多く、白色光が2,000lmでも、3原色が1/3程度あたりなら、部屋を暗くしてもそれ程実用的とは感じられないでしょう。

2,500lm以上のものなら、明るい場所でちょっと厳しい時は、部屋を暗くすれば有効的に使うことが出来ます。

新着記事