マイクを含めた最低限の音響機材

TV放送のように映像と音声をセットとして相手に情報を伝える際、音響機材が必要となります 。一般的に最低限の音響機材とされているのは4つで、マイクまたはCDデッキなどの音源、ミキサーとアンプ、スピーカーです。 マイクは声などを拾うことのできる機材で、音の入力のために必要となる道具です。

マイクをレンタルするなら専門の会社に依頼しましょう!

音質が良く安定性に優れるのが特徴の有線マイク、広い場所を自由に動きまわることができるワイヤレスマイク、ケーブルもなく手も塞がないピンマイクなどの種類があります。

ミキサーは、複数の音源から送られてきた信号を調節する機器で、音量や音質を一定にするために使われます。

アンプはミキサーから送られてきた信号を増幅させ、出力を上げるための機器です。

最低限の音響機材で済ませる場合は、スピーカーかミキサーに内蔵されているタイプを用いることが多いです。 スピーカーは最終的に音の信号を実際の音に変換して出力する機器です。 このように、マイクから入力されミキサーで調整しアンプで増幅された音は、スピーカーを通して出力されます。

プロジェクターレンタルするならAZAがおすすめ!

音響機器はどのような広さの場所で使われるか、また音質に対してどれほどのクリアさを求めるかで使用する種類を選びましょう。 また、頻繁に使用しない場合や、音響機材を使用する会場の規模が毎回違うなどの場合は、購入せずにレンタルで済ます方法もあります。 必要な器材だけ用意し、残りをレンタルすれば経済的な負担を減らすことに繋がります。

おすすめ記事