マイクの増幅器について

マイクにはコンデンサー型やダイナミック型と呼ばれている種類に分けることが出来ます。
コンデンサー型のマイクと言うのは湿気に弱いため、取扱い等に注意が必要ですが、高音質の録音をしたい時など、幅広いレンジの音を集音することが出来ると言うメリットも在ります。
また、コンデンサー型マイクの場合はファンタ無電源と呼ばれている専用の電源が必要で、DC48Vの電源を使ったマイクを動作させる仕組みになります。
これに対し、ダイナミック型のマイクは幅広い用途で活用されるものであり、コンデンサー型マイクと比較した場合取り扱いが便利と言った特徴を持ちます。

尚、マイクで集めた音と言うのはそのままでは再生することが出来ませんし、スピーカーから音を出すためには電気信号を増幅する必要が在ります。

増幅する機器の事をアンプと呼んでいますが、アンプにはプリ部とパワー部と言う2つの回路が在り、プリ部ではパワー部に送り込む電気信号の量をコントロールするボリューム、音質を変える時に利用するコントロール回路などが在り、パワー部は電気信号の波形を大きくすると言った機能を持つもので、オーディオ機器のアンプにはプリ部とパワー部が独立しているセパレートタイプのアンプと、2つの回路が1つの機器に収められているプリメインアンプと言う2つの種類に分けることが出来ます。

マイクからの電気信号はアンプに送られ、電気信号を振幅させた後に、スピーカーから音を出すと言う仕組みになります。

おすすめ記事