マイクなどレンタルして株主総会を配信

会場が狭くて入りきらない株主がいる、遠方で出席できない株主がいる、広く一般に公開したいなど、株主総会に関するこうした問題は、映像配信をすることによって解決することができます。
インターネットで映像を配信すれば、別の会場にいる株主にも見てもらうことが可能です。
遠方に住んでいない株主もリアルタイムで閲覧できますし、一般の投資家にも株主総会の様子を見てもらうことができます。
さらにアーカイブとして保存しておけば、後から見返すことも可能です。
記録用として残したり、リアルタイムで見ることができな株主や一般投資家のためにもなるでしょう。
しかし、企業がマイクやカメラなどを用意して株主総会の模様を配信するのは、負担が大きくなります。
そこで利用したいのが、配信用のマイクやカメラなどの機材レンタルです。
機材レンタルを利用すれば、配信に必要なマイクやカメラを全て用意してくれます。
ですから、企業が株主総会の配信用に、新たに機材を購入する必要はありません。
また、機材レンタルをしている業者では、専門のスタッフも派遣してくれます。
機材レンタルだけしても、それを使いこなすことができなければ、株主総会の配信はできません。
派遣された専門のスタッフに全て任せることによって、スムーズに株主総会を世界中に配信することができます。
株主や一般投資家、マスメディアなどに広く公開するためにも、機材レンタルを利用して株主総会を配信しましょう。

おすすめ記事