プロジェクターやマイクの選び方

プロジェクターには、液晶パネル・DLPパネル・LCOSパネルの3種類があります。
液晶パネルは多くの機種に搭載されていて、一般的な種類と言えます。
しかし、画質や解像度を高くすることができない特徴があるので、性能が良いわけではありません。
DLPパネルは、液晶パネルとは違い高画質化が可能です。
小型化も可能なパネルなので、モバイル用として使われることもあります。
LCOSパネルも、高画質化が可能なパネルです。
しかし、DLPパネルとは違い小型化することはできず、価格も高くなっています。
これら3つのパネルの種類がありますが、プロジェクターを選ぶときには用途にあわせて選ぶことが大切です。
プレゼンなどビジネス用にプロジェクターを購入するなら、画質よりも輝度を重視すると良いでしょう。
また、入力端子の種類が多いほど、様々な機器に繋げられるので使い勝手は良くなります。
映画鑑賞などホームシアター用にプロジェクターを購入するなら、反対に輝度よりも画質を重視です。
美しい映像を映し出せるHDMI端子などが搭載されているプロジェクターなら、映画を高画質で楽しめます。
このように同じ映像を映し出すプロジェクターでも、パネルには種類がいくつかあって、用途にあわせて選ぶ必要があります。
プロジェクターとともにマイクも必要なら、同じように用途にあわせて選びましょう。
用途にあわせた種類を選び出すことによって、性能をフルに発揮できます。

おすすめ記事